ミノタブ

【体験談】ミノタブから塗りミノに移行しても維持できるのか解説します

ミノタブの副作用が心配なので、塗りミノへの移行を検討しています。ミノタブから塗りミノに移行して維持することはできますか?

こんなお悩みにお答えします。

「ミノタブで生えてきたのはいいけど、身体への影響が心配…」

「塗りミノに移行したいけど、また薄毛に戻ってしまわないだろうか…?」

ミノタブ(ミノキシジル内服薬)は発毛を促進する効果は高いのですが、

そのぶん副作用が生じる可能性もあり、「いつまで続ければいいのだろうか…?」と悩む方も多いです。

 

ミノキシジルにはミノタブのほかに塗りミノ(ミノキシジル発毛剤)があります。

ミノタブにくらべて効果はマイルドですが、副作用は少ないと言われています。

ミノタブから塗りミノに移行したいけれど、薄毛に戻らないか心配…

という方に向けて、ミノタブから塗りミノに移行したわたしが自身の体験談をお伝えします。

【体験談】ミノタブから塗りミノに移行しても維持できた

わたしはミノタブを途中でやめて塗りミノに移行しましたが、塗りミノに移行してからも維持できています。

 

ミノタブとフィナステリドを飲み始めて3ヶ月ほどで薄毛を改善しました。

ミノタブを飲み始める前は、頭頂部の頭皮が目立ち、薄毛に悩んでいました。

 

ミノタブとフィナステリドを飲み始めて3ヶ月ほどで頭頂部と生え際の薄毛が目立たなくなりました。

ミノタブ飲み始めたあとの頭頂部

それからしばらくはミノタブとフィナステリドで維持していたのですが、

ミノタブの副作用が心配になり、ミノタブをやめてフィナステリドだけで維持しようとしました。

 

しかし、ミノタブをやめて6ヶ月ほどすると、次第に抜け毛が増えて、

生え際がミノタブを飲み始める前の薄毛の状態に戻ってしまいました。

ミノタブやめて生え際が薄毛に戻った

関連記事:ミノタブをやめて維持できなかった失敗体験と維持できた方法を解説

 

フィナステリドだけで維持できないとわかったので、今度はミノタブから塗りミノに移行して維持できるか試してみました。

それから2年以上たって、現在まで塗りミノで維持しています。

2022年5月27日生え際

関連記事:ミノタブ服用前から現在までの4年間の経過を全部まとめました

ミノタブから塗りミノに移行すると体毛が薄くなる

ミノタブから塗りミノに移行していちばんうれしかったのは、

ミノタブで濃くなっていた体毛がもとに戻ったことです。

 

ミノタブを飲んでいた時期は、めっちゃ体毛が濃くなっていました。

(ミノタブを飲んでいる方ならわかりますよね?)

 

それがミノタブをやめて数ヶ月たつと、ご覧のとおり、もとに戻りました。

ミノタブを飲んでいた時期は、体毛の濃さが気になって、半そでのTシャツやハーフパンツで外出するのを控えていましたが、

塗りミノに移行してからは、何も気にせず気楽にTシャツ・ハーフパンツで外出できるようになりました。

関連記事:ミノタブの副作用(多毛症)で体毛がドン引きするレベルで濃くなった

ミノタブから塗りミノに移行しても抜け毛の量は変わらない

ミノタブから塗りミノに移行してからも、抜け毛の量は増えていません。

(維持できているから当たり前ですが・・・)

 

ミノタブを飲み始める前は、髪を洗う時だけで70本以上抜けていました。

シャンプーで髪をゴシゴシしたときに手についた髪の毛を1本ずつカベに貼りつけていって数えたら、70本以上ありました。

それがここ2年くらいは10〜20本で維持しています。

 

ちなみに最近AGA検査キットでAGAリスクを調べてみたら、「DHT値が低い」という結果だったので、今後も抜け毛が増える可能性は低いと見ています。

AGA検査キットの結果

※AGA検査キットでは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストロン)を測定することで、AGAのリスクレベルを測定します。これだけで診断できるわけではありませんが、今後抜け毛が増えるかどうかを客観的な数値から推測できます。

ミノタブから塗りミノに移行して副作用の心配がなくなった

ミノタブから塗りミノに移行して、ミノタブの副作用を心配する必要がなくなりました。

 

ミノタブは処方量を守っていれば副作用が生じる可能性はかなり低いですが、

心臓を肥大する作用があるので、心臓への影響が心配でした。

 

ミノタブを飲んでいた時期も、副作用は多毛症(体毛が濃くなる)だけで、それ以外の副作用はなかったのですが、

潜在的な身体への影響が心配だったので、「塗りミノで維持できるなら塗りミノに移行しよう」と考えました。

 

塗りミノも心臓に全く影響がないわけではないですが、

ミノタブにくらべると心臓から離れた頭皮部分に集中するのでリスクは低いと考えられます。

 

塗りミノの副作用は頭皮のかゆみや炎症ですが、実際に使ってみて、かゆみはほとんど気になりません。

関連記事:ミノタブで死亡する可能性は?心臓の病気のリスクと対処法

まとめ:ミノタブから塗りミノに移行しても維持は可能

わたしはミノタブから塗りミノに移行して2年以上維持できているので、

経験上、ミノタブから塗りミノに移行して維持できます。

 

ただ、もちろん個人差はあり100%維持できるとは限らないので、

しばらくはミノタブも使って、少しずつ頻度を減らしていくことをおすすめします。

 

ちなみに塗りミノの最安値は月1,910円です。

リグロースラボM5は同じミノキシジル5%のリアップにくらべて年間6万円節約できます。

塗りミノ 1ヶ月の費用 1年の費用
リグロースラボM5 1,910円 22,920円
リアップX5プラスネオ 7,480円 89,760円

 

リグロースラボM5
塗りミノのおすすめはどれ?塗りミノ13商品の価格・効果を比べてみた「どの塗りミノを使えばいいのかわからない」というお悩みを解決します。塗りミノを3年使い続けてきた僕が、13種類の塗りミノの効果・価格を比較し、おすすめの塗りミノを紹介します。塗りミノ選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。...