AGAクリニック

ハゲたくない人のためがやるべきたった1つの予防法【経験者が語る】

最近生え際の薄毛が気になっています。ハゲないかと心配です。

薄毛の悩みのうち、最も多いのが生え際の心配です。

 

この記事を書いている私は、育毛サロン、AGA治療の体験者です。

私は育毛サロンの無料体験で、生え際のハゲが始まっていることがわかりました。

そこから育毛サロンで施術を受けたり、AGAクリニックで薬を処方してもらったことで、ハゲを予防することができました。

 

「ハゲないかな?」と心配なまま過ごすのは、ほんとにキツイですよね。。。

これは体験しないとわからないと思いますが。。。

私もハゲないか気にしていたときは、しょっちゅう鏡を見てしまい、仕事もプライベートも楽しめなくなっていました。

しかし、私は早めにハゲの原因と対策を知れたことで、早めに対策し、ハゲを予防することができました。

 

今回は、生え際の薄毛の原因と対策をまとめました。

生え際の薄毛に悩む方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハゲたくないと思ってる人は全体の90%いる

薄毛に悩む人のための育毛情報サイトが行ったアンケート調査によると、

20歳〜39歳の男性の90%以上が「ハゲたくない」と思っていることがわかりました。

参考:PRTIMESの記事『若ハゲは何歳までにハゲたら若ハゲ?ハゲたくない年齢は何歳?薄毛対策をしている人はたったの7%!?』

ビビリ
ビビリ
ハゲたくないというのは、それだけ多くの人に共通する悩みなんですね。

ハゲる原因|そもそもなぜハゲるのか?

そもそもなんでハゲるんですかね?

ハゲる原因は1つではありません。

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 遺伝
  • AGA

ここでは、ハゲる原因とその理由を解説します。

睡眠不足

睡眠不足は、ハゲの原因になります。

睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌量が低下します。

髪の毛が成長するためには、成長ホルモンが必要です。

成長ホルモンの分泌量が低下すると、髪の毛が成長しにくくなります。

そのため、睡眠不足はハゲの原因になると言えます。

食生活の乱れ

食生活の乱れもハゲの原因になります。

ここでは、「髪の毛=植物」「頭皮=土」にたとえて説明します。

植物が健康に育つためには、豊富な栄養を含んだ土が必要です。

栄養がない土では、健康な植物は育ちません。

それと同じことが髪の毛と頭皮でも言えます。

健康な髪の毛が育つためには、頭皮も栄養が必要です。

その栄養は、あなたが食べたものが分解されて血液を通して運ばれます。

そのため、食生活の乱れはハゲの原因と言えます。

ストレス

ストレスもハゲの原因になります。

カネボウ株式会社の研究報告『ストレスが被毛成長に及ぼす影響について』によると、

モルモットを用いた実験で、ストレスを受けた動物は毛の成長が低下することが報告されています。

この結果から、ストレスは髪の毛を含めた動物の毛の成長を抑える影響があると言えます。

参考:カネボウ株式会社基礎科学研究所(2001年)『ストレスが被毛成長に及ぼす影響について』

遺伝

遺伝もハゲの原因です。

しかし、遺伝だからと言って諦めることはありません。

親がハゲている人でも、ハゲを予防してハゲずにいる人もいます。

諦めずに正しいハゲ予防を行えば、ハゲを防げる可能性はあります。

AGAってなんですか?

吹き出し:ハゲについて調べていたら、AGAって言葉が出てきたんですが、AGAってなんですか?

ここでは、AGAについて詳しく解説します。

ハゲを予防したいなら、AGAを理解しておくことは必須です。

全然難しくないので、この記事を読めば1回で理解できるはずです。

ハゲって病気?AGAとは?

AGAとは、男性特有のハゲる病気です。

AGAになると、頭のてっぺんのつむじ周辺と前髪の生え際がハゲていきます。

AGAは放置するとどんどん進行していくので、早めに対策を始めることが望ましいです。

AGAの原因

AGAの原因は、DHTという男性ホルモンです。

このDHTが増えると、髪の毛の成長期が本来より短くなってしまいます。

男性ホルモンのテストステロンが頭皮の5αリアクターゼⅡ型と結合して作られるジヒドロテストステロンが関係している

ジヒドロテストステロンは性機能に関する働きがある男性ホルモンの一種

毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターに取り込まれることで、髪の毛の成長を阻害するシグナルを出す

髪の毛の成長が阻害されると、細くて弱い髪が増え、その部分が薄くなってしまう

AGAの治療法

 

ハゲないための予防法

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることは、成長ホルモンの分泌を維持し、ハゲ予防に役立ちます。

3つの栄養素をとる

特に、タンパク質、亜鉛、ビタミンがハゲ予防に役立ちます。

これら3つの栄養を積極的にとるようにしましょう。

ストレスを発散する

ストレスを発散させる方法は、たくさんありますよね。

私のストレス発散法は、筋トレです。

自分なりのストレス発散法を持っておくと良いでしょう。

頭皮にやさしいシャンプーを使う

石油系のシャンプーは頭皮を傷つけるおそれがあるので、石けん系あるいはアミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。

育毛剤、育毛サプリを使う

育毛剤を使うのであれば、成分に「ミノキシジル」が含まれているものを選びましょう。

なぜなら、ミノキシジルは、唯一発毛成分が認められている成分だからです。

逆に、それ以外は認められていないので、選ばないようにしましょう。

ハゲないために最初にやるべきたった1つのこと

AGAクリニックでAGAか確認する

ハゲないために何よりも先にやるべきことは、AGAクリニックに行き、AGAかどうか診断してもらうことです。

なぜなら、AGAは放っておくとどんどん進行してしまうため、対策が早ければ早いほどハゲを予防できる可能性が大きいからです。

AGAかどうかを正確に確かめる方法は、AGAクリニックに行くこと以外にありません。

なので、最初にやるべきなのは、AGAクリニックに行くことです。

私のハゲ予防体験談|ハゲ予防に成功した私の話

育毛サロンで育毛の施術を受けた話

私は、1年間26万円かけて、育毛サロン『バイオテック』に通いました。

しかし、これといった発毛効果はありませんでした。

育毛サロンは、頭皮の毛穴をキレイにすることはできますが、薄毛を改善することはできませんでした。

育毛剤を使ってみた話

育毛サロンのプランには、育毛剤も含まれていたので、1年間使いました。

しかし、こちらもこれといった効果はありませんでした。

AGAクリニックに行った話

育毛サロンで発毛効果が得られなかったため、AGAクリニックに行き、AGAと診断され、AGAの薬物治療を受けることになりました。

AGAの薬物治療とは、フィナステリドとミノキシジルという2つのお薬を飲む治療法です。

フィナステリドは薄毛の進行を抑える効果があり、ミノキシジルは発毛を促進する効果が認められています。

この2つの薬を飲んだことで、私はAGAをハゲ始めの段階で予防することができました。

まとめ:まずはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けましょう

今回は、はげたくな人に向けて、ハゲないための予防法を解説しました。

結論から言うと、ハゲないために最初にやるべきことは、AGAクリニックに行き、AGAかどうか診断してもらうことです。

なぜなら、AGAは放っておくとどんどん進行してしまうためです。

対策を始めるのは早ければ早いほど、ハゲを予防できる可能性が高くなります。

多くのAGAクリニックでは、無料カウンセリングをやっていて、無料でAGAか確かめることができます。

なので、最初はAGAクリニックに行き、AGAかどうか確認しましょう。

AGAとわかれば、そのままAGAクリニックでAGA治療をしましょう。

AGAでなければ、本記事で紹介した、ハゲになりにくい自分でできるハゲ予防法を実践しましょう。